ADMIN TITLE LIST


Selected category
All entries of this category were displayed below.

iPodへ曲を入れるために、CDの曲をiTunesでパソコンに取り込みます。

通常はCドライブの中のマイミュージックに取り込まれます。
ただ、曲数が多くなってくると、たとえば4GBをiPodに入れるためには4GB分のCドライブの容量を占有することになります。

いまどきのPCは大容量なのであまり心配ないのですが、ちょっと古いPCだとCドライブがいっぱいいっぱいにふさがってしまう事態にもなりかねません。

そこで、安心して今後も曲を入れていくために、他のドライブ(Dドライブや外付けのドライブ)にフォルダを移したいということになります。

そこで、Cドライブから他のドライブ(ここではDドライブ)に移す方法です。


■Dドライブに保存先のフォルダを作成します。

【1】Dドライブに「Musics」フォルダを作成し、さらにそのフォルダの内部に「iTunes Music」フォルダを作成します。
D:¥Musics¥iTunes Music

【2】C:¥Documents and Settings¥ユーザ名¥My Documents¥My Music¥iTunes¥iTunes Musicフォルダにある音楽ファイルをコピーします。

【1】のフォルダに【2】のコピーを貼り付けます。


■iTunesで管理するフォルダを変更します。

iTunesを起動します。

【1】編集→設定
「詳細」タブ→「一般」タブ
[iTunes Musics]フォルダの場所 の「変更」ボタンを押して、
D:¥Musics¥iTunes Musicとします。
「OK」ボタンを押します。

【2】iTunesのライブラリを開き、すべての音楽ファイルを削除します。

【3】ファイル→「フォルダをライブラリに追加」を選択し、D:¥Musics¥iTunes Musicのフォルダを指定します。
   

以上で移動は完了です。
これで安心して曲を増やせます。




エレコム ASP-P100

iPod 5G(第5世代) 、2nd nano 、1st nanoのDockコネクタに接続する小型スピーカです。コンパクトなBOX型のデザインで、外出先に持ち運ぶのも便利。

単4乾電池4本で駆動、付属のACアダプタを接続すればiPod本体の充電も可能です。充電しながらの再生も可能!( ※乾電池利用時の充電はできません。)

スピーカの音量を調整できるボリューム、電源のオン/オフスイッチを装備しています。

欠点は一度電源を切って再び電源をいれると音量が0になっていること。最初壊れたのかと思いました。

iTunesに音楽を大量に読み込むとしだいにPC内のハードディスクがいっぱいになってきます。4GBのiPodをいっぱいいっぱいで使用するとしたら、4GBの容量がPC内でiTunesによって占有されてしまうということになります。

そこで、こちら がWindowsで読み込んだ音楽ファイルを別のハードドライブ(外付けHDDなど)に移す方法です.

↓外付けHDDにフォルダを変更した状態

これでPC内のHDD容量占有を気にせずにiTunesが使えます。

iPod nanoのケースを家電量販店に買いに行ったら、これがあるわあるわ。
ケースだけで一つのコーナーになっていました。

ちなみに、Googleで「iPodnano ケース」で検索してみたら98,100 件。
もうiPodのケースはそれだけでひとつに市場を形成しているんですね。

で、結局買ったのはこのシリコン製の半透明のヤツ。



サイズ的にかなりピチピチで装着するのに一苦労。
でも装着を完了するとかなりタイトなフィット感でなかなかなもの。汚れたら水洗いできるというのもいいですね。
クイックホイールも問題なく操作できました。


Prev | HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 おも白歯なし, All rights reserved.