ADMIN TITLE LIST


Selected category
All entries of this category were displayed below.

妊娠中は歯科治療に不安を感じる方も多いと思います。
歯科治療が比較的安全に行える時期は妊娠4~8ヶ月です。

妊娠初期は、赤ちゃんのさまざまな器官(目や鼻など)の基本的な部分が形成されていく大事な時期で、X線や薬の影響を受けやすいといえます。

妊娠後期は、仰向けに寝る歯科の治療形態では腹部の血管を圧迫してしまうため、長時間の診療がむずかしい場合があります。出産が近くなってくるとちょっとした刺激がきっかけになって早産につながるという事態も考えられます。

ただ、この時期的なものはあまり神経質に考えなくてもいいと思います。
たとえ妊娠初期でも後期でも、がまんできないほどの歯の痛みであれば、治療してその痛みをとることのほうがよほど母胎にとってはベターです。

ちなみに、歯科のX線ではたとえ12週以前でも胎児に障害を起こすようなことはありません

妊娠すると口臭が増すことがあります。

個人差がありますが、妊娠中は唾液の分泌が減少します。これは女性ホルモンのバランスの変化と、妊娠による緊張や不安も関わっているようです。

唾液にはお口の中を洗い流して清掃するという役目もあります。したがって唾液の量が減るとその分だけ清掃性が悪くなり口臭が増すことになります。

ただ、この唾液の減少による清掃作用の低下は歯みがきによって充分補えるものです。妊娠中も歯みがきはきちんとていねいにやりましょう。

妊娠中に起きる歯肉の病気としてエプーリスがあります。
妊娠性エプーリスは妊娠腫とも呼ばれています。

歯垢や歯石が直接の原因ですが、妊娠による女性ホルモンバランスの変化によって引き起こされる炎症症状の結果です。
妊娠した女性の約1%の人に起こるといわれています。

妊娠3ヶ月ごろから発生して急に大きくなっていきます。
根元がくびれいて、表面は球状です。
出産後はホルモンの正常化によって次第に縮小します。
出産後も消失しない場合は切除します。

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインが妊娠中の赤ちゃんの歯や骨に影響を与える場合があります。



カフェインは歯や骨の主成分であるカルシウムの代謝に影響をあたえます。
カフェインをとると尿に排泄されるカルシウムの量が増加して体内のカルシウムの量が減ります。
また妊娠中はカフェインの代謝が遅れます。カフェイン自体が体内に長くとどまるため体内のカルシウムの量がさらに減ることになります。

おなかの赤ちゃんの歯を丈夫にするカルシウムが容易に体外に排出されてしまうということです。

妊娠中のコーヒー、紅茶はできれば控えたほうがよさそうです。

妊娠の後期になると、体がだるくなって、眠いやる気がしないという心身の状態になることが多くなり、何ごともおっくうになりがちです。



歯みがきも例外ではなく、ついおろそかになりがち。
でも、めげずに歯みがきはしっかりやりましょう。
その努力が産後の快適なお口につながります。

妊娠中におなかの赤ちゃんが成長して大きくなってくると、胃が押し上げられて圧迫されて一度に食べられる食事の量が減ってきます。

そこでそれを補うために間食ということになります。
間食は妊娠7ヶ月ころまでには一日一回という妊婦さん約60%程度います。
これが妊娠8ヶ月になると一日二回という妊婦さんが70%くらいでてきます。

間食の内容は甘いものが多く、妊娠初期では20%、妊娠6ヶ月以降では50%~70%が間食に甘いものを食べるようになります。



よく妊娠すると酸っぱいものが食べたくなるといいますが、実際は甘い物に嗜好が変化するというのが現実のようです。逆に酸っぱいものに嗜好が変化したという妊婦さんはほとんどいないようです。

つわりで歯みがきが億劫になり、さらに甘いものに嗜好が変化するということは、妊婦さんは虫歯になる危険性がかなり高いといえます。

妊娠中に虫歯になることを防ぐには、食生活をふくめて基本的な生活習慣をできるだけくずさないことが大事になってきます。


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2024 おも白歯なし, All rights reserved.