ADMIN TITLE LIST


Selected category
All entries of this category were displayed below.

砂糖ゼロの飲み物シリーズ。
「コカーコーラ ゼロ」です。





驚いたのは従来の砂糖入りのコーラとほとんど味が変わらないこと。
強い炭酸の刺激もそのまま。




砂糖ゼロの飲み物シリーズ。
「スプライト ゼロ」です。





無色透明で甘さはかなり控えめ。スッキリして飲みやすいと思います。
清涼飲料水は甘くないと・・という方にはちょっと不満かもしれませんが。






スキムミルク(脱脂粉乳)は牛乳から脂肪を除いたもので、低脂肪、低エネルギーの食品です。
うちではコーヒーに入れて使っています。



一般的なコーヒー用のクリーミングパウダーは、クリームや植物性脂肪などを原料に作られるので、スキムミルクに比べ脂肪が多く、たんぱく質が少なくなっています。
ということでスキムミルクのほうが断然ヘルシー。

ただ、昔の学校給食のあのマズ~い脱脂粉乳を思い出す方も多いと思います。
たしかに単体で飲めば少々マズいかもしれませんが、コーヒーの調味料としてならあまり問題ないようです。

もちろん砂糖は入っていませんから歯科的にもGood!です。

ほとんどのカップ入りのヨーグルトには砂糖が入っているようです。
歯医者として気になるのは虫歯のなりやすさというわけですが、その点ではカップ入りのヨーグルトは健康食品であって健康食品ではないわけです。
砂糖が入っていなければ晴れて健康食品なんですが。。。

で、砂糖ゼロのカップ入りヨーグルトを捜してみたらありました。
ヤクルトから出ているソフールという商品。
正真正銘、砂糖不使用です。



甘くないと食べにくいという方は、オリゴ糖などの代用甘味料をかければマイルドになります。


オリゴ糖シロップ

でん粉を酵素でぶどう糖に分解し、さらに一部を酵素によって果糖にかえた液状の糖のことです。
「果糖」と「ぶどう糖」の両方が混在したシロップということ。

果糖の割合が50%以上のものを「果糖ぶどう糖液糖」といいます。甘味の質が砂糖(ショ糖)に極めて近いといわれます。



朝専用の缶コーヒーというのがあります。
「スッと飲めて、キリッと苦味のモーニングショット」というキャッチフレーズ。
実際飲んでみて、たしかにキャッチフレーズ通りの味で美味しいです。

発売以来、缶コーヒーでは異例の月間1000万箱(1箱30本)以上の販売実績を誇っているヒット商品だそうです。
缶コーヒーを飲むビジネスマンは朝に飲む人が40%に達するとのことで、メーカーとしては目の付け所がとても良かったということですね。

でも・・
成分表をみるとやはりといいますか予想通りといいますかしっかり「砂糖」が入っていました。



つまり虫歯になる危険性が確実に増すということになります。
朝に限らず、仕事の合間に缶コーヒーを飲む方はけっこういらっしゃいます。それが原因で虫歯になってしまうことは多いんです。
飲んだ後には歯を磨きましょう!

ちなみに、同じ缶コーヒーでも砂糖の入っていないブラックなら虫歯になる危険性はゼロです。




Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2024 おも白歯なし, All rights reserved.