ADMIN TITLE LIST


■基本的には電気製品なので充電が必要です。水回りでの使用は感電の危険性がありますから風呂場でのながら磨きには適しません。

■心臓ペースメーカー等の体内埋め込み型の電子機器を使用している場合は、医師に相談する必要があります。

■手用歯ブラシに比べて、音波歯ブラシは唾液の分泌が多くなり、その振動から唾液が飛び散りやすいため、使用する場所の配慮が必要です。騒音も結構ありますから茶の間でテレビを見ながらというのは無理かもしれません。

■歯磨剤を使用する場合、その中に含まれる研磨剤の粒子がブラシ本体に侵入するために故障がおきる場合があります。また、振動数が多いために歯の摩耗がすすむことが考えられますので、研磨剤含有の歯磨剤は使用しないか、研磨剤を含まない液状歯磨剤を使用した方がいいようです

■手用歯ブラシに比べて値段も高く、また消耗品・付属品も手用歯ブラシに比べると高価です。

■充電池には寿命があります。

次回は、電動歯ブラシ・音波歯ブラシ使用上のポイント・・についてです。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 おも白歯なし, All rights reserved.