ADMIN TITLE LIST


奥歯のなかで、大臼歯には根が二本とか三本あります。
これは骨に接する面積を広く取り、骨に強固に植わって、噛む力に耐えるためです。

しかし、この構造が逆に歯周病の進行に関して問題となるときがあります。
大臼歯の場合、歯周病で骨が溶け、歯根の長さの1/3以上進行すると、歯根と歯根の別れる場所(根分岐部)まで骨が溶けた状態になります。これを根分岐部病変といいます。

根分岐部には歯ブラシによるプラークコントロールがむずかしいのに加え、治療用の器具も入りにくいため、歯周病が根分岐部まで進行してしまうと治療がなかなかむずかしくなってきます。

根分岐部病変が進行してしまった場合、昔は抜歯になるケースも多かったのですが、最近は治療法も確立され、歯を抜かないで残すこともできるようになってきました。

治療法としては、
外科手術
分岐部を境に歯根を分割する(同時に清掃性も良くする)
状態の悪い歯根だけを抜く
などがあります。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 おも白歯なし, All rights reserved.