ADMIN TITLE LIST


冠をかぶせるときや、入れ歯を作るときなどは必ず歯型をとります。

このとき、作る側とは反対側の歯型も必ずとります。
これに疑問を抱く患者さんがときどきいらっしゃいます。
上の歯を治療しているのに、どうして下の歯型もとるんだということです。
なるほど、素朴な疑問といえるかもしれません。

でも、反対側の歯型(専門用語では「対合歯」といいます)がないと咬み合わせがわからないので冠にしても入れ歯にしても作りようがないんです。
対合歯に合わせて、冠や入れ歯の咬み合わせの高さや形を精密に作っていきます。いってみれば対合歯は道案内の役目、あるいは設計図の役目をしてくれます。

ですから、対合歯がないと全く何も作れない、製作のスタートすらできないということになるわけです。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2024 おも白歯なし, All rights reserved.